● 過去ログ 2005年6・7月

7月28日
 読者さんからの頂き物にイラスト一点追加しました!
 本格的に暑くなってきました。夏は金魚の水温管理が大変な時期です。冬はヒーターで温度管理ができるのですが、夏の水温上昇はどうにもならず。水槽用の小型扇風機をつけたりしていますが、一日しめきって出かけてしまう日は、念のためにクーラーをつけっぱなしで出かけることもしばしば。自分が家にいるときは節約して、出かけるときにクーラー。そして見た目がぜんぜん涼しげでない太った金魚。



7月21日
 読者さんからの頂き物にイラスト二点追加しました!
 ご質問の多かった、9Sの短編「ないんえす?」の案内ページを作りました。文庫本に収録されるのか、どの号に掲載されているのかなど、よくいただく質問とその答えコーナーもありますので、ご覧になってみてください。執筆時の裏話つきです。



7月17日
 
9S〈ナインエス〉VIの表紙画像公開しました!
 今回も山本ヤマトさんのご厚意により、ラフを使ったスペシャルフラッシュでの公開です。
 トップページではもうひとまわり大きなサイズで公開中。少しだけヴァージョンも違っていたり。
 六巻は8月10日発売です。今回はとうとう、いよいよ、ついに、○○○○○が登場します! 
 
 今まで、中TOP(ここのページです。ちなみにTOPページはwww.lafi.netです)用のミニフラッシュは期間限定だったのですが、ご要望が多かったので、フラッシュページにまとめて格納しました。見逃してしまった方は、この機会にご覧になってくださいませ。
 五巻のときのような、本格的な予告フラッシュは8月頃公開予定です。お楽しみに。フラッシュの感想も教えてくださると嬉しいです。




7月9日
 読者さんからの頂き物にイラスト一点追加しました。
 作家さんリンクに、日比生典成さんのサイト「碧樹の森」をリンクさせていただきました。(うちにも箒と鞄を持ってレミエルがやってこないでしょうか)
 神奈川は梅雨真っ盛りですが、このあいだふらりと入った食堂でスイカを食べ、家では蚊取り線香をたきはじめました。もう、夏はすぐそこです。

  


7月1日
 あっというまに夏です。神奈川の海辺では海の家が着々と建設中です。今年こそは海水浴に……。
 さて、嬉しいお知らせです。ルーク&レイリアのイラストを担当してくださった睦月れいさんが作画の「Missing 神隠しの物語」の第一巻が発売されました!
 葉山は、甲田学人さんと睦月さんの両氏から見本誌をいただいてしまった幸せモノです。もちろん自分でも買いました。
 一昨年の忘年会のとき、ホテルで睦月さんが78Pのペン入れをしていたのを、山本ヤマトさんと後ろからじーっと覗き込んでいたことが思い出されます。電撃hpの連載も、次の37号で堂々完結。睦月さん、お疲れ様でした。
 夏の夜はホラーで涼しくなりましょう!
 
 9Sは、六巻のイラストが次々と届いております!
 もうどれもむちゃくちゃかっこいいので、毎日、モニターの前で喜びの声をあげています。八月をお楽しみに。
 

 横の写真も新しくなりました。「男の生き方、プライスレス」で萩原君が言っていた「スタバのキャラメルマキアート・ウィズホイップ」を頼んでみました。ただ、キャラメルをのせると、せっかくのホイップが水面下に沈んでしまって見えないのが残念。
 飲んでみた感想は……。一言。
「あ、あまい……」
 がんばってどうにかこうにか、飲み干しました。萩原は相当な甘党のようです。たぶん、八代も甘党です。




6月15日
 TOPページと中トップを更新しました。
 「ないんえす?」第四弾、「男の生き方、プライスレス編」の扉絵を使ったミニフラッシュ公開です。山本ヤマトさんのラフが見られる数少ないチャンス
 短編の主役は萩原&八代(詳しくはTOPページに)。六巻の前に読んでおくと、本編で少しニヤリ…とできるかも!?
 作家さんリンクに、有沢まみずさんの「来るなら恋して!」をリンクさせていただきました。名前もデザインも、見た瞬間「カワイイ!」と思わず言ってしまうはず!日記やエッセイも充実のステキサイトです。




6月12日
 ひさしぶりの更新です。
 ずっとヒキコモリになっていたかいあって、嬉しいお知らせを二つ同時にお知らせできることになりました。
 右上の新刊案内&ニュースでお知らせしましたが、
 「9S〈ナインエス〉VI」8月発売決定!
 と、
 
「ないんえす?」第四弾、「男の生き方、プライスレス編」が6月18日発売の電撃hp36号に掲載! 
 です。

 電撃hp36号のほうは、一昨日見本誌をいただきました。
 もう山本さんの表紙イラストが最高です!
 今回、短編の主役は、初めて脇役がつとめます。しかも9S初の過去話です。
 本編六巻のほうは、とうとう「彼」が登場します!
 どうぞお楽しみに!

 
戻る